キタニタツヤ【青のすみか】歌詞意味を解釈!青春時代の自分への救いとは?(呪術回線OPテーマ)

キタニタツヤさんの歌う「青のすみか」が人気ですね。

「青のすみか」は呪術回線のOPテーマでもあり、キタニタツヤさんは呪術回線のファンだといいます。

キタニタツヤさんが歌詞を書き歌う「青のすみか」について詳しく見てみましょう。

目次

キタニタツヤ【青のすみか】歌詞意味を解釈!

キタニタツヤさんの歌う「青のすみか」がいま話題ですね。

「青のすみか」はアニメ呪術回線のオープニングテーマでもあります。

キタニタツヤさんが原作のファンだったところに今回の楽曲制作依頼があったのが始まりでした。

その際には以下のようなオーダーがあったそうです。

青春時代をテーマにして、パッと聴いた印象では爽やかな印象になってほしい

キタニタツヤさんは原作のファンだからこそ知るダークファンタジーの世界観

キタニタツヤさんは青春時代のさわやかな印象とダークファンタジーのバランスに悩んだそうです。

これが実際のインタビューでのキタニタツヤさんのコメントです。

歌詞のテーマ的にはどうしようもない別れが中心にあります。それも青春時代だからこそどうにもならなかったこと。もし大人だったらそうならなかったかもしれない、けれども子供の力ではどうしようもない、みたいな青春時代特有の別れがこの作品の中では描かれているから、自分もそこに寄せて、昔の自分を思い出せるような曲にしたかった。

リアルサウンドより

青春時代だからこそのどうしようもない別れを描いているんですね。

そして以下のように続けます。

今思えば美しい思い出だと捉えられる青春時代のことも、その当時はものすごく大きな悩みであり絶望なんですよね。でも、そういうものって大人になってから思い返すと、ぼやっと青くて美しかったりする。それは言い方を変えれば、そういう辛い時期もいずれは自分の支えになるから、必要な時間だし大丈夫だぜっていうメッセージでもあるんです。そういうことをコンセプトにして歌にしていこうというのは、最初に決めて制作を始めました。

リアルサウンドより

青春時代を歌いながらも、大人視点のキタニタツヤさんが歌うからこそ「大丈夫だぜ」というメッセージが込められているんですね。

そのメッセージはキタニタツヤさんが過去のご自身に向けたものだと言います。

その当時は本当に辛くてどうしようもなかった悩みが、今思えば些細なものに思えたり、辛いことも今の自分に繋がっているっていうことを歌にしたので、思春期の頃の自分を救うことになればいいなと思ってて。

リアルサウンドより

でもそれでいて自分以外の救いにもなってほしい。

これを聴いた人も昔の自分を救ってやってほしいなと思いますし、いま青春の只中にいる人で何かに苦しんでいる人がいたとしたら、一旦はその辛い時期を逃げながらでもサバイブすれば、大人になったら意外と俯瞰で見れて楽になるし、自分の支えになることもあるよっていうメッセージになればいいな

キタニタツヤさんが歌う「青のすみか」はキタニタツヤさんご自身への救いというメッセージです。

そして同時に聴いた人も過去を振り返り救いとしてほしい、そんな思いが込められているんですね。

とてもメッセージ性の強い曲ですね。

キタニタツヤ【青のすみか】は呪術回線OPテーマでMVロケ地はあの砂漠!

キタニタツヤさんが歌う「青のすみか」は呪術回線のOPテーマ曲です。

MVも呪術回線の世界観たっぷりですね。

MVの撮影はドバイで行われました。

キタニタツヤさんにとってもはじめての海外ロケ。

広く美しい砂漠で過去の経験や思い出を”心の杖”として進んで行くというここでもメッセージ性込められているのだそうです。

まとめ:キタニタツヤ【青のすみか】歌詞意味を解釈!青春時代の自分への救いとは?(呪術回線OPテーマ)

キタニタツヤさんが歌う「青のすみか」の歌詞意味の解釈を調査・考察しました。

青春時代の自分への救いの込められているメッセージ性の高い楽曲なんですね。

それを知ると改めてまた曲の魅力が増しますね。

あわせて読みたい
丸山隆平がキタニタツヤの青のすみかを急遽カバー!短髪の丸山隆平が歌ってキタニタツヤ公式がお礼とか... 丸山隆平がベストヒット歌謡祭でキタニタツヤの青のすみかを急遽カバーしました。 この日出演を予定していたキタニタツヤが急遽体調不良となり代打でカバーしたのは丸山...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次