髙木毅はパンツ泥棒!過去の不祥事が下着ドロに政治資金問題5つがヤバい!

髙木毅氏は2023年現在は自由民主党国会対策委員長です。

しかし、髙木毅氏にはパンツ泥棒の過去があり「髙木パンツ大臣」という異名がかつてありました。

髙木毅氏が下着ドロや政治資金といった過去起こしてきた不祥事について調査しました。

目次

髙木毅はパンツ泥棒!

髙木毅氏は2023年現在は自由民主党の国会対策委員長です。

そんな高木毅氏が実はパンツ泥棒とは驚きますよね。

2015年10月発売の「週刊新潮」・「週刊文春」で下着窃盗の現行犯逮捕を報じられました。

かつては新聞記事にもなりました。

高木毅氏は30代の頃は下着ドロボーの常習犯だったそうです。

地元・福井県にて県警に現行犯逮捕された過去もあります。

【パンツ泥棒】被害女性の妹の証言

高木毅氏のかつてのパンツ泥棒の被害者は銀行の窓口業務をしていた女性だと言います。

過去に被害女性の妹がした証言がこちらです。

「当時、姉は(金融関係の)窓口業務をしとった。そこに高木さんは客として来て、姉は一方的に気に入られとった。だから、やったのが高木さんと分かると、姉は〝いややわー。家まで来とったんやー〟と言っていました」

合鍵を勝手に作っとったんです。田舎やから、無防備に小屋にカギ置いといたりするでしょ。それをいつの間にか持っていって、自分のカギを作っとったみたい。それにしても、どうして勝手に家に上がり込んだりするのか。急に家の人が帰ってきたら、とか思わんかったんかな……」(同)

デイリー新潮より

当時、高木毅氏は30歳前後、被害女性は20代だったそうです。

高木毅氏はすでに結婚していたころだそうです。

【パンツ泥棒】事件のその後

高木毅氏のパンツ泥棒はもちろん犯罪行為に相当します。

少なくとも以下には該当するでしょう。

住居侵入
窃盗

しかし、立件はされませんでした。

「姉が〝騒がんといてくれ。勤め先にも迷惑かけたくない〟って。父は〝(高木氏の父親の)市長も頭下げてきた〟〝敦賀でお世話になっとるし〟と言ってて、それで、示談っていうか……。それにしてもあんな人が大臣にまでなって、不思議やなーと思います」

デイリー新潮より

これは被害女性の妹さんのコメントです。

父親で敦賀市長高木孝一氏により表ざたにはならなかったわけですね。

地元の有力者ってすごいですね。

とはいえ、高木毅氏のパンツ泥棒事件は地元ではしっかりと認知されています。

敦賀気比高校の前に高木の父親、高木孝一の銅像があるのですが、選挙期間中のある日、警察から〝高木孝一さんの銅像の頭に女性もののパンツが被せられている。見に来てもらえないか〟という連絡があったのです。

デイリー新潮より

地元も認知している下着泥棒がなぜ自民党の国会対策委員長の地位についてしまったのかが謎ですね。

高木毅氏のパンツ泥棒事件が時を経て騒がれた2015年、高木毅氏の次女さんは高校3年生でした。

当時の壮絶エピソードはこちらをご覧ください。

mamimumemom
高木毅の子どもは息子2人娘2人の4子!壮絶エピソード集めてみた! | mamimumemom 高木毅氏は自民党の国会対策委員長です。 高木毅氏の子どもについて過去の壮絶エピソードを徹底調査をしました。 高木毅の子どもは息子2人娘2人の4子! 高木毅氏の子ども...

髙木毅の過去の不祥事が下着ドロに政治資金問題5つがヤバい!

高木毅氏の過去の不祥事が下着ドロに終わりません。

時系列で見てみましょう。

下着窃盗

高木毅氏のパンツ泥棒事件は高木毅氏が30歳頃です。

高木毅氏が1956年生まれであることからすると1986年ごろの出来事でしょう。

この時は現行犯逮捕されてもいました。

しかし、高木毅氏の父の働きかけにより立件にはいたりませんでした。

法的問題のある寄附①

高木毅氏が代表を務める政党支部は、2011年から2013年にかけて選挙区内で行われた葬儀に対して香典や枕花を支出したと政治資金収支報告書に記載していた。

公職選挙法では、政治家や政党支部および資金管理団体が選挙区内で香典や供花などを出すことを禁止としています。

この時高木毅氏は事実関係を認めていました。

ただし、閣僚辞任や議員辞職などについては、特に表明しませんでした。

法的問題のある寄附②

高木毅氏は個人としても、2015年11月に香典と称して法的に問題のある寄付を行いました。

高木毅氏はポケットマネーであったと後に主張しましたが、それに対し遺族が否定する証言をしています。

政党助成金未返還

高木毅氏は2013年政党助成金を返還すべきところ未返還であることでも問題になっています。

支給された政党助成金は、余った場合国庫へ返還するよう政党助成法により定められている。

キックバック不記載

高木毅氏は2023年、収支報告書に記載すべき項目について問題視されています。

関係者によりますと、安倍派の政治団体「清和政策研究会」では、5年間でパーティー券の販売ノルマを超えた分の1億円以上が所属議員側にキックバックされ、収支報告書に記載されていない疑いがあります。

Yahoo!ニュースより

2023年12月現在、実態解明の途中段階です。

この問題はどうなっていくのでしょう。

まとめ:髙木毅はパンツ泥棒!過去の不祥事が下着ドロに政治資金問題5つがヤバい!

高木毅氏のパンツ泥棒事件について調査しました。

また、過去の不祥事5つを調査しました。

未確定が1件ですが、このあとどうなるでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次