倉地真寿美の裁判官としての過去の判例がヤバい!え、石丸伸二ともつながるの⁉

倉地真寿美さんが異例の判決を下した件で注目されていますね。

倉地真寿美さんの裁判官として・裁判長としての過去の判例を辿るとヤバい過去が見えてきました!

驚きの人物ともつながるという情報もあります、見てみましょう!

目次

倉地真寿美の裁判官としての判例がヤバい!

倉地真寿美さんが今注目されていますね。

性同一性障害の診断を受けていて、性転換術を受けていない方に性別変更の申し立てを認めたというのです。

その件で世間に衝撃が走っています。

今回の判決により男性が女性トイレや浴室に現れるのでは!?

という心配が上がっています。

それにより、倉地真寿美さんに対しても次のような声が上がります。

裁判官に適任か?

とんでもない判例を残した

世間にざわめきが起こっていますね。

そこで気になる倉地真寿美さんについては・・・

倉地真寿美のWiki的プロフィールや経歴は詳しくはこちらをどうぞ。

あわせて読みたい
【顔画像】倉地真寿美のWiki的プロフィールや経歴まとめ!旧姓から学歴・職歴まで徹底調査! 倉地真寿美さんは裁判官として異例の判決を下して話題です。 性同一性障害と診断され、手術を受けずとも性別変更の申し立てをした当事者に対し認める判決をしました。 ...

また、気になる過去の判例については次で詳しく見てみましょう!

倉地真寿美の裁判官としての判例が石丸伸二ともつながるの⁉

大学研究室のフリーアドレス化は「適法」

倉地真寿美さんは大学教員が大学を相手取り損害賠償を求めた件においても裁判長として判決を下しています。

大学教員らは研究や教育に支障をきたしていると主張しました。

私立大学の研究室が、決まった席や部屋のない「フリーアドレス」になって、研究や教育に支障が出ているとして、専任教員や元専任教員ら9人が梅光学院大学(山口県下関市)を相手取り、計1265万円の損害賠償を求めた裁判の控訴審判決で、広島高裁(倉地真寿美裁判長)は5月15日、請求を棄却した1審・山口地裁下関支部判決を支持して、原告の控訴を退けた。

弁護士ドットコムニュースより

それに対し倉地真寿美さんは意見書に対する十分な言及もなく棄却した結果でした。

結果もですが、意見書に十分に言及しないという点が気になりますね。

同性パートナーの火葬立ち合い拒否

倉地真寿美さんが2020年にあたった裁判です。

50年以上も連れ添った同性パートナーが亡くなった際に、亡くなられた方の親族が火葬に立ち会うことを拒否。

さらには共同経営だった事務所も廃業させられるなどし、損害賠償請求をしました。

しかしこの件で倉地真寿美さんは棄却しています。

棄却という結果も残念ではありますが、同性カップルを見下しているのでは?

という声が上がっていることが気になります。

怒りと同時に「軽んじている」と感じた。下に見ているというか。 同性愛なんて所詮おままごと、趣味でしょ?という。

Xより

裁判結果から、このような印象を与えてしまったのは残念なことですね。

石丸伸二氏の嘘による名誉棄損

倉地真寿美さんの過去の判例には、安芸高田市市長だった石丸伸二さんの事例もあります。

石丸伸二さんが市議会議員の山根温子さんが恫喝したなどと嘘を言う・SNSに発信するとしたことに関して賠償を求めて訴えていました。

安芸高田市の市長だった石丸伸二氏は、4年前に市議会内で山根温子議員から「議会を敵に回すと政策が通らなくなる」などとどう喝されたと述べたほか、同様の内容をSNSに複数回投稿し、山根市議はうその内容で名誉が傷つけられたなどとして、市と市長に対し賠償を求める訴えを起こしていました。

NHKニュースより

これに関して倉地真寿美さんは石丸伸二さんの違法性を認めました。

石丸氏の議会での発言と投稿は山根市議の社会的評価を低下させるもので、市長としての裁量を逸脱していて違法性が認められる

損害賠償請求を認める判決を下しています。

まとめ:倉地真寿美の裁判官としての判例がヤバい!え、石丸伸二ともつながるの⁉

倉地真寿美さんの裁判官として、裁判長としての判例を見ていくとヤバいことがわかりますね。

まさかの石丸伸二さんともつながって驚きます。

[/info]
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次